おいしいシーフードが食べられるフィッシャーマンズワーフ

フィッシャーマンズワーフ(Fisherman's Wharf)は、サンフランシスコ北部に位置する湾沿いの観光地です。ここでは新鮮な魚介類や、クラムチャウダーを提供するレストランが集まっています。今回はフィッシャーマンズワーフで絶対に味わうべき、おいしい料理を紹介したいと思います。


クラムチャウダー
DSCN1481 copy
まずサンフランシスコを訪れたら、サンフランシスコ名物のクラムチャウダーは絶対に食べるべきです。酸味の強いパンのサワードウ・ブレッドの中に、二枚貝を具とした白いクリームスープがたっぷりと入っています。前菜として注文できますが、これだけでもおなかいっぱいになりますよ。観光中のお昼ご飯にぴったりです。


巨大な蟹料理
1.png
フィッシャーマンズワーフに行ったら、蟹料理も絶品です。丸ごと食べてもお手頃な値段です。まず蟹だけに集中して、サイド料理は後回しにしても良いでしょう。

様々な魚介類
DSCN1494 copy
蟹以外にも、様々な魚料理やロブスターなども絶品でした。サンフランシスコ滞在中は、ほぼ毎日フィッシャーマンズワーフに行って食事をしても良いぐらいです。上の写真は多分、シュリンプ(小さい海老)とサーモンと、もう一つ何かの魚だったと思います。いろいろ食べ過ぎて、忘れてしまいました(笑)


アシカの大群
DSCN1329 copy
食べ物以外のおまけですが、フィッシャーマンズワーフには、アシカの大群が板の上でひなたぼっこしています。和みますね。


有名なカニの看板
IMG_1054 copy
こちらの写真は、フィッシャーマンズワーフの代名詞でもある有名なカニの看板です。フィッシャーマンズワーフから数分西側へ歩いた所にあります。場所を間違えないように。


アクセス方法
サンフランシスコ市街地の北側の湾沿いにあります。市内を走っている電車やバス、ケーブルカーなどで行くことができます。


ベストシーズンや気候
サンフランシスコは年中安定した気候ですが、東京などと比べて寒いですよ。夏でも夜は冷え込むので、上着を持っていった方がよいです。12月は予想していたよりも寒くて、観光中に喉を傷めました(笑)


治安について
フィッシャーマンズワーフの周辺は観光地になっていて、人通りの多い道なら夜でも安心して歩くことができます。


周辺の観光スポット
ゴールデンゲートブリッジやアルカトラズ島へのフェリー乗り場がある場所


今回は珍しくアメリカの食べ物についてでした。アメリカには郷土料理のようなものが少ないため、サンフランシスコは数少ない都市特有の食事を楽しめる場所と言えます。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント