シカゴ市街地観光の見落としチェックリスト

イリノイ州シカゴ観光で、中心地から気軽に徒歩でも廻れるスポットを紹介します。シカゴの観光スポットは、近くを通ったのにうっかり見落としてしまいやすいので、見逃しがないかチェックに使ってください。


ネイビー・ピア
DSCN6067 copy
ネイビー・ピアは、シカゴの埠頭にある桟橋状の埋立エリアのことです。レクリエーション施設が集まっていて、シカゴ観光ではとくに人気の高い場所です。またシカゴのビル群やミシガン湖を、きれいに眺めることができる場所でもあります。


ミレニアムパーク
DSCN6141 copy
シカゴに行ったらミレニアムパークは誰も見逃さないと思うかもしれませんが、一回目に旅行をしたときに見逃してしまいましたので紹介しておきます。ミレニアムパーク内にはザ・ビーンと呼ばれる鏡のようなオブジェや、ディスプレイの巨大な顔が表情を変えるクラウン・ファウンテンがあります。またコンサートホールや劇場などもありますよ。


シカゴ美術館
DSCN6123 copy
シカゴ美術館は、ボストン美術館メトロポリタン美術館と並ぶ、アメリカ三大美術館の1つです。あまりに大きいため、何度も休憩しながら鑑賞することになります。


ウィリス・タワー
DSCN6117 copy
ウィリス・タワーは、シカゴを代表する建物の一つです。屋上からシカゴの景色を眺めることができます。ザ・レッジと呼ばれる足下がガラス張りで地上まで何もない場所には、度胸を試そうと行列ができています。


ウォーター・タワー
DSCN6077 copy
このウォーター・タワーは、シカゴ大火でも焼け残った唯一現存している建物です。


ウォーター・タワー・プレイス
DSCN6083 copy
ウォーター・タワーの手前には、有名ブランド店が百以上入店しているショッピングセンターがあります。そばにはウィリス・タワーと並び、屋上からシカゴの夜景を眺める人気スポットである360シカゴのあるジョンハコックセンターがありますよ。


リグレービルディングとトリビューンタワー
DSCN6053 copy
写真で中央付近のリグレービルディングは、シカゴを代表するルネッサンス様式の建造物です。右側のちょっと隠れてしまっているのが、報道機関で有名なシカゴトリビューンのトリビューンタワーです。写真がうまく撮れていないのは、うっかり見逃してしまいましたが、後で写真を見たら偶然うまく両方入っていたためです。


フィールド自然史博物館
DSCN6158 copy
大きな自然史博物館です。恐竜コレクションがとくに見どころです。ゆっくり見ると、半日ぐらいかかりました。


マリーナシティ
DSCN6056 copy
トウモロコシのような、おもしろい形をした建物です。よく見ると下の方の階は駐車場になっていて、車が駐車されています。間違ってバックをしすぎたら大変ですね。


アクセス方法
シカゴの中心エリアから徒歩、またはバスや電車などでアクセスできます。


ベストシーズンや気候
冬場はアトラクションも少なくなるだけでなく、風が強く雪も多いため、春から秋までがベストです。


治安について
市街地はそれほど問題ないでしょう。


周辺の観光スポット
今回紹介したシカゴ美術館ウィリス・タワー、リグレービルディング、トリビューンタワー、マリーナシティはいずれもミレニアムパークから徒歩で行くことができます。ネイビー・ピア、ウォーター・タワー、ウォーター・タワー・プレイス、フィールド自然史博物館にも徒歩で行けましたが、少し遠いためバスや電車も便利です。


アメリカ第3位の人口を誇るシカゴの中心エリアにある、観光スポットを一気に紹介しました。旅行の際には、見逃しがないようにしたいですね。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント