自由の女神像の島へ行くもう一つのルート

アメリカ観光の必見ポイントである自由の女神像。以前紹介したように、自由の女神像はニューヨークのマンハッタンの近くにあるリバティ島にあり、毎日約1時間おきにマンハッタン最南端のバッテリーパークから、往復するフェリーが出ています。今回はバッテリーパーク以外からでも島までアクセスする方法がありますので、それについて紹介します。


リバティステートパークからのアクセス
DSCN0132 copy2
リバティ島のすぐ裏側のニュージャージー州には、リバティステートパークという公園があります。ここからもリバティ島まで行くフェリーが出ています。公園からはちょっと珍しい自由の女神像の後ろ姿を、少し遠くから眺めることができますよ。フェリーと女神像の台座まで登るチケットは、バッテリーパークと同じように18ドルです。


リバティステートパークの待ち時間
DSCN3850 copy
シーズンにもよると思いますが、数時間待ちが多いバッテリーパークに対して、週末でもリバティステートパークは数分待ちでした。しかしもしマンハッタン内だけを観光する予定なら、リバティステートパークまでのアクセスはかなり不便なのでおすすめしません。ニューヨーク以外の周辺の都市も観光する場合には、近くを通るときにニュージャージー側から行ってみるのもいいかもしれません。


リバティステートパークからの眺め
DSCN0086 copy2
リバティステートパークは、都会の湾沿いにある比較的大きな自然公園です。ニューヨーク都市部の湾を挟んだ対岸に位置し、マンハッタン南部のビル群が眺められます。写真で一番大きい建物は、ワールドトレードセンターです。


エリス島
DSCN0131 copy2
リバティ島のそばにはエリス島があります。ニュージャージー側からだと、すぐそばに見えます。エリス島には移民博物館があり、リバティ島行きのフェリーが帰りに寄ってくれます。ここで降りて、博物館を見ることもできます。


リバティステートパークの湾沿い
DSCN0134 copy2
公園の湾沿いは、ニューヨークの都市部が眺められる絶好のポイントです。ベンチや電灯が、こんなに要らないのではと思うぐらいたくさんありますね。


リバティステートパーク園内
DSCN0136 copy2
公園内にもベンチがありました。円形になっていますが、ここに座って何を見るのでしょう。周辺住民がのんびりしている、のどかな公園でした。


島まで行く以外に像を楽しむ方法
DSCN3833 copy2
島まで行かなくてもいいかなという方には、待ち時間の少ない良い方法がいくつかあります。マンハッタン内を定期的に移動する水上タクシーや、ニューヨークの夕焼けや夜景を見るクルーズのツアーなどもあります。いずれも写真のように女神像のそばで数分止まってくれて、しっかり見ることができますよ。


自由の女神のおもしろ雑学
リバティ島
自由の女神像は女性とは決まっていないというのを以前紹介しましたが、他にもいろいろ雑学があります。自由の女神像のあるリバティ島は、昔はベドロー島と呼ばれていました。あまり行きたくなくなりますよね。他にはリバティ島はニュージャージー州沿いにあり、島を取り囲んでいる水域はニュージャージー州ですが、島自体はニューヨーク州に属します。


アクセス方法
車を使ってリバティステートパークまで行き、そこからリバティ島行きのフェリーに乗ります。少し歩きますが、鉄道の駅もあります。


ベストシーズンや気候
冬は雪も降って寒いため、春から秋までがおすすめです。ただし冬でも天気の良い日は多いです。


治安について
リバティステートパーク内やリバティ島は問題ありませんが、リバティステートパークの周辺のニュージャージー州の都市はニューヨーク都市部に比べると安全ではありません。


周辺の観光スポット
リバティステートパークからニューヨークの都市部(タイムズスクエア)まで電車と地下鉄で1時間


自由の女神像は、ニューヨーク観光では必見スポットですよね。旅行のプランによっては、ニュージャージー側からアクセスしても良いかもしれませんよ。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

今晩は。
初めまして。いつ楽しく拝見しております。
映画が好きなので、ニューヨークは多数の映画の舞台になっているので、一度は行ってみたいと思ってます。
特に自由の女神は『ゴットファーザーパート2』での印象がとても強く残っております。
行きたいのですが、お金と時間とそれとちょっと怖そうで。(笑)
会社の旅行でハワイに行ったことしかありませんが、この後もこのブログを楽しみたいと思います。

Re: No title

さんいーさん、初めまして!自由の女神像はニューヨークが舞台の映画にはよく出てきますよね。映画でもニューヨークの象徴のような存在です。

アメリカは一部の地域が危険なだけで、とくにニューヨークはアメリカの大都市の中では一番と言っていいほど安全ですよ。昔は危険だったようですが、ここ十数年は一気に改善されています。もちろんハワイほどではありませんが。ただ東海岸はカリフォルニアなどがある西海岸と比べて、直通でもずいぶん飛行機の時間がかかってしまいますね。

アメリカ本土にもたくさんの見どころがあるので、まだまだ紹介していきますよ!