第3代大統領トーマス・ジェファーソンの邸宅 世界遺産モンティチェロ

バージニア州シャーロッツビルにあるモンティチェロは、第3代大統領を務めたトーマス・ジェファーソンの邸宅だった建物です。園内には彼が保持していた、歴史的な大農園もあります。


第3代大統領トーマス・ジェファーソンについて
トーマス・ジェファーソン大統領は合衆国建国の父と呼ばれ、独立宣言の起草者です。また州立大学であるバージニア大学の設置者でもあります。バージニア大学と合わせてモンティチェロは世界遺産に登録されています。


モンティチェロ
DSCN5002 copy
こちらがトーマス・ジェファーソンの邸宅だったモンティチェロです。邸宅はジェファーソン自身のデザインが中心になっていて、小高い山の上に立てられています。毎日たくさんのガイドツアーがあり、写真を撮ることはできませんが建物の内部も見ることが可能です。


大統領のプランテーション
DSCN5008 copy
近くにはトーマス・ジェファーソン大統領が持っていた、歴史的な大農園もあります。写真に写っている場所だけでなく、20平方キロメートルほどあるようです。


大統領のワイン蔵
DSCN5012 copy
建物の地下には、トーマス・ジェファーソン大統領が作っていたワイン蔵もあります。


トーマス・ジェファーソンの像
DSCN4992 copy
こちらが第3代大統領トーマス・ジェファーソンの像です。入口からモンティチェロまでは歩くこともできますが、行きは上り坂なので、写真のようなバスで移動できます。帰りはトーマス・ジェファーソンのお墓なども見ながら、歩いて帰るといいと思います。


バージニア大学
DSCN4983 copy
モンティチェロはすぐそばにあるバージニア大学とともに、世界遺産に登録されています。バージニア大学の建物は、トーマス・ジェファーソン大統領によって設計されています。写真はバージニア大学のキャンパスの雰囲気です。芝生が広がっていて、周辺に建物が並んでいます。


大学の中心となるロタンダ
DSCN4984 copy
トーマス・ジェファーソン大統領は大きな芝生を中心に、学生や教授の教室が囲む形をデザインしました。当時では画期的なもので、このデザインは他の大学にも応用されています。こちらがその中心となる建物であるロタンダの写真ですが、なんと改装中でした。世界遺産も改装されるんですね。


アクセス方法
バージニア大学はシャーロッツビルにあり、モンティチェロは車で15分ほどの丘の上にあります。車を使ってアクセスできます。またシャーロッツビルは、ワシントンDCから車で南へ2時間ほど行った場所にある小さな街です。


気候について
年中観光できます。冬場は少し冷え込みます。


治安について
シャーロッツビルの治安は良好です。


周辺の観光スポット
シェナンドー国立公園の南側の入口まで車で40分
ワシントンDCまで車で2時間


世界遺産のモンティチェロとバージニア大学を紹介しました。ワシントンDCへ旅行したときには、少し思い出してみてくださいね。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント