アメリカ中部にある緑色の円が並ぶ地形の謎

アメリカ中部を飛行機で移動しているときに窓から下界を見下ろすと、緑や茶色の円が並ぶ異様な景色が見られることがあります。以前東海岸から西海岸へ飛行機で移動中に偶然見かけて不思議に思い、後で正体を調べてみました。


空から見る不思議な景色
Screen Shot 2-56-26
もしアメリカ中部を飛行機で移動したら、下の景色を眺めてみてください。飛行機からでもしっかり巨大な円が無数に見られます


巨大な無数の円
Screen Shot 2-54-27
とくに多い地域は、アメリカ中部に位置するカンザス州です。カンザス州の上を飛行機で通ればほぼ見られます。その周辺のネブラスカ州やコロラド州にも多いです。北部にあるアイダホ州などでも見られます。円の大きさは比較的そろっていて、平均直径1kmぐらいです。


センターピボット
センターピボット1
その正体はセンターピボットと呼ばれる農法でした。アメリカ中部のような乾燥地域では植物を大規模に栽培するために、写真のような白くて繋がっている機械を使って自動で円形の農場へ地下水をまいています。


広大な土地
農場
どれだけ走っても何もない広大な土地だからこそ、このような農法ができるようですね。


グーグルマップにも写っている機械
センターピボット2
実際に飛行機から眺める以外に、グーグルマップでも簡単に見つけることができます。先程の水をまいている機械が、円の左側に写っていますね。


今回はアメリカの中部などで無数に見られる、謎の巨大な円形地形について説明しました。西海岸と東海岸の移動のように、もしアメリカ中部を飛行機で飛ぶことがあれば、下界を眺めてみてくださいね。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ピエト・モンドリアンみたい

流石に色は地味ですが
ピエト・モンドリアンみたいで楽しそうー!
イイ写真ですね。

No title

今晩は。アメリカは凄い!
広大な農地だって事が、分かります。
色々なところに、思いがけない物がる。
もし旅行が出来れば、どこにいても目が離せないと思います。

Re: ピエト・モンドリアンみたい

白骨大王さん、おもしろい地形ですよね。初めて見たときは偶然だったので、何なのか全くわからず驚きました。

Re: No title

さんいーさん、こんばんは。観光地以外にも予想外のものがあったりするので楽しいですよ。初めのころはショッピングや道を少し歩くだけで、毎日のように日本とは違ったおもしろいものを見つけたものです。

No title

いつも楽しく拝見させていただいております
それにしても大きいですね、さすがアメリカ
見てみたいと思う反面、この農法で地下水に変化が見られたりと
手放しで収穫増を喜べない・・なんて話も聞いたことがあります
今年の梅雨は妙な感じで九州は大雨で関東は水不足の様相
人間が好き勝手やりすぎて、そろそろ地球が怒っていそうな・・・

Re: No title

にゃおぐらふぁーさん、楽しんでもらえて光栄です!たしかにこの農法によって地下水の枯渇したりといった問題だけでなく、化学肥料によって土地が汚染もされているようです。ただ食料自給率の低い各国へ十分な食料を供給できているのは、こういった農法のおかげというのもありますね。