様々なお土産物に使われる有名なラスベガスサイン

ラスベガスサイン(ウェルカム・トゥ・ファビュラス・ラスベガス・サイン)は、ラスベガスの様々な場所で使用されています。市内のお店の広告や看板、自動車のナンバープレートのようなあらゆるものに使われ、ラスベガスの象徴となっているネオンサインです。そのため例えばTシャツを始め、帽子やマグカップなど、ラスベガスのギフトショップにある数多くの雑貨の中にも見つけることができるでしょう。


道端にある看板
DSCN6802 copy
ラスベガスの中心部へ向かう途中の道などで、このサインを見つけることができます。写真の看板は、ラスベガスの東の方の入り口で見つけました。これ以外にも元祖の看板がストリップの南端に、ストリップからダウンタウンへ行く途中にもあります。ストリップの南端のものが最もアクセスしやすく、観光客で賑わっていました。


看板の裏側
DSCN6800 copy
ラスベガスを出る方向は、このようになっていました。"DRIVE CAREFULLY COME BACK SOON"と書いてありますね。


夜のライトアップ
DSCN6799 copy
夜は光ります。明るすぎて写真ではよくわかりませんね。


土産物に使われているサイン
DSCN6860 copy
ラスベガスのギフトショップに入れば、このマークが様々なものに使われていますよ。


ラスベガスのお土産にもぴったり
DSCN6862 copy
ここにも使われていますね。このマークが入ったお土産なら、ラスベガスのものだとすぐわかります。


アクセス方法
看板まではストリップから、バスか車でアクセスできます。ストリップの南端のものは、徒歩でも行けます。


ベストシーズンや気候
年中観光できます。冬でも温暖ですが、夏場は猛暑です。


治安について
暗くて人通りが少ないエリアは避けましょう。


周辺の観光スポット
看板はラスベガス市内に複数あります。


ラスベガスを観光したら、ぜひギフトショップでこのサインが入った商品をお土産にしましょう。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは!ラスベガスいつか行ってみたい街です。
私は旅先でその国らしいマグネットを買って集めているのですが
こんかい紹介されたマグネットは最高ですね。行ってないけど・・・ほしい〜です(*゚▽゚*)

Re: No title

気まぐれちいさん、こんばんは!ラスベガスにはこのマークのお土産がお店に数多く並んでいるので、お好みのマグネットを見つけることができると思いますよ。ラスベガスのマークに加えて、カジノかホテルに関する内容もあれば、ラスベガスらしいお土産になりますね。

No title

こんばんは。

そういえば、ラスベガス行ったのに、このお土産は思いつきませんでした。

いかにも日本人観客みたいに「絵葉書」買ったりしましたが・・・。
その中の1枚に、何とか夜景のサインが写ってました (^^♪

Re: No title

童心親父さん、こんばんは。初めてラスベガスに行ったときには、ショップにこのサインがたくさんあるなと思っただけで、童心親父さんと同じでお土産に使うことまで思いつきませんでした。後で調べてみたら、この数十年で一気に人気になったサインのようです。起源はラスベガスを出るところにある看板らしいのですが、制作者は著作権を放棄しているため、誰でもこのマークを使えるそうですよ。