ヨセミテの絶景ポイントまとめ

世界遺産ヨセミテ国立公園の、山の上から渓谷がきれいに見られるスポットを紹介します。それぞれのポイントから、園内のどの必見スポットが眺められるかまとめました。


トンネル・ビュー
DSCN7629 copy-3
トンネル・ビューは、ヨセミテ国立公園を代表する景色の一つです。道路のような人工物が全く見えず、ヨセミテ渓谷をきれいに見られる人気のスポットです。ワウォナトンネルのすぐ前に位置し、公園の入口付近から車で数分登った場所にあるためアクセスがしやすいです。正面には巨大な半球の岩山であるハーフドーム、左側には一枚岩の1000メートルある断崖絶壁で知られるエル・キャピタン、右側には風によって花嫁のベールのようになびくブライダルベール滝が渓谷とともに眺められます。


グレイシャーポイント
DSCN7654 copy-3
グレイシャーポイントは、夏場はとくに必見の場所です。駐車場から数分歩けば、ヨセミテ国立公園のほとんどのスポットを眺められます。渓谷の右側にはハーフドームが見えます。この写真には写っていませんが、右側にはバーナル滝とネバダ滝、左側には落差の合計が739メートルあるヨセミテ滝エル・キャピタンが眺められます。グレイシャーポイントの真下にはヨセミテビレッジが小さく見えるため、渓谷の高さや広さを実感できました。


センチネルドーム
DSCN7671 copy-3
グレイシャーポイントから片道1時間ほど山を歩いて登ると、センチネルドームまで行けます。グレイシャーポイントは有名ですが頂上ではなく、しかも180度しか景色が見られません。それに対してセンチネルドームは、360度景色が眺められる山の頂上と言えるポイントです。グレイシャーポイントと同様に、ハーフドームバーナル滝とネバダ滝ヨセミテ滝エル・キャピタンを眺められました。この写真はセンチネルドーム自身のものなので、ぜひ登山して自分の目で確かめてくださいね。


ウォッシュバーンポイント
DSCN7642 copy-3
ウォッシュバーンポイントは、グレイシャーポイントの少し手前にあります。グレイシャーポイントまで待ちきれない場合には、ここで降りてみましょう。ハーフドームが左側に、グレイシャーポイントよりも97メートルのバーナル滝と181メートルのネバダ滝が近くで見られますよ。


オルムステッドポイント
DSCN7729 copy-3
オルムステッドポイントはヨセミテ国立公園の北側を走っているタイオガ・ロード沿いにあり、ヨセミテビレッジから車で約1時間走った場所にあります。これまでのポイントとは反対向きのハーフドームを眺められます。


タフトポイント
DSCN7682 copy-3
タフトポイントはちょっと見るのに勇気がいる場所です。断崖絶壁の上にあり、柵なども少ないため、ちょっと怖くて景色に集中できないかもしれません。ここからは同じ断崖絶壁のエル・キャピタンが近くに見え、遠くにヨセミテ滝が見えました。タフトポイントまでのトレイルはなだらかな道で、片道1時間以内で着きます。


アクセス方法
サンフランシスコから車か、ツアーに参加することでアクセスできます。園内にはそれぞれのポイントへ行くシャトルバスが走っています。


ベストシーズンや気候
春から秋がおすすめです。冬期には今回のほとんどの場所は閉鎖されています。


治安について
問題ないでしょう。


周辺の観光スポット
セコイア国立公園まで車で3時間半
キングスキャニオン国立公園まで車で3時間半
サンフランシスコまで車で4時間
ロサンゼルスまで車で5時間半
デスバレー国立公園まで車で6時間


今回はヨセミテ国立公園の絶景スポットをまとめました。半球の岩山であるハーフドームや北米一落差のあるヨセミテ滝、ロッククライミングの名所エル・キャピタンを、様々なポイントからぜひ眺めてみてください。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント