ヨセミテ国立公園にある美しい滝まとめ

ユネスコの世界遺産に登録されているカリフォルニア州のヨセミテ国立公園は、北アメリカで最も落差のあるヨセミテ滝を中心に、たくさんの滝が集まっている自然公園です。春のヨセミテ国立公園では必見の滝を、次々と紹介していきます。


ヨセミテ滝
DSCN7648 copy-2
まずはとくに必見のヨセミテ滝です。ヨセミテ滝は上から436メートルのアッパー滝、206メートルのカスケード、97メートルのローワー滝の3段から構成されていて、合計すると北アメリカで最も落差の大きい739メートルある滝となります。この数字は世界でも8番目になりますが、繋がっているから3つ合わせるのはちょっとずるい気もしますね。上から眺める場合、有名なグレイシャーポイントや、そこから1時間登ったセンチネルドームからきれいに見られます。


アッパー滝
DSCN7621 copy-2
先程の3段階あるヨセミテ滝の一番上にあるアッパー滝です。園内を走っているとあらゆる場所から眺めることができます。小さく見えますが、実際には436メートルあります。アッパー滝の下にあるローワー滝は、下の方から眺めると岩や森林に隠れていました。


ローワー滝
DSCN7721 copy-2
ヨセミテ滝の一番下のローワー滝には、ヨセミテビレッジから片道30分ほど歩いて行くことができます。アッパー滝の7分の1の大きさしかないローワー滝でも、そばまで行くと大きいですね。できるだけ近くまで行こうと、観光客が岩を登っています


ブライダルベール滝
DSCN7618 copy-2
風が吹くと流れ落ちる水がなびいて、まるで花嫁のベールのように見えるロマンチックなブライダルベール滝。ヨセミテ国立公園にある滝の中でも、とくに美しい滝です。公園の入口からヨセミテビレッジまで向かう途中の、高さ1000メートルある垂直な花崗岩の一枚岩であるエル・キャピタンの反対側にあります。落差は189メートルあります。


ネバダ滝とバーネル滝
DSCN7638 copy-2
写真に写っている上の滝が181メートルのネバダ滝、下が97メートルのバーナル滝です。グレイシャーポイントや、その手前にあるウォッシュバーンポイントから眺めることができます。ヨセミテビレッジの辺りから2つの滝へ向かうトレイルがあり、ネバダ滝まで行く往復6時間程度のトレイルの中間付近にバーネル滝があります。予想以上にウォッシュバーンポイントからの眺めが良かったことと、案外登山が大変だったため、バーネル滝までで断念しました。


アクセス方法
サンフランシスコから車やツアーに参加してアクセスできます。また園内には、それぞれのポイントを行き来するシャトルバスが走っています。


ベストシーズンや気候
雪解けのシーズンである春から初夏までがおすすめです。春以外のシーズンでは水量がほとんどないので注意してください。


治安について
問題ないです。熊などの野生動物に気をつけてください。


周辺の観光スポット
セコイア国立公園まで車で3時間半
キングスキャニオン国立公園まで車で3時間半
サンフランシスコまで車で4時間
ロサンゼルスまで車で5時間半
デスバレー国立公園まで車で6時間


ヨセミテ国立公園のたくさんある見どころの一つである様々な美しい滝。いずれも上からと真下からの2通り眺めたいですね。雪解けシーズン以外には水量がないため、春のみ楽しめる自然スポットです。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント