2人の将軍の巨大な樹木

カリフォルニア州に位置するセコイア・キングスキャニオン国立公園は、巨大なセコイアの森林が広がっている山脈です。樹齢三千年に達し高さが100メートル近くあるセコイアが集まっている森の中でも一際太く、将軍の名前が付いた2つの木について紹介しようと思います。


セコイア・キングスキャニオン国立公園
DSCN7756 copy-g
セコイア・キングスキャニオン国立公園はアメリカの国立公園の中でも長い歴史を持ち、巨大なセコイアが密集している森林です。サンフランシスコロサンゼルスからも車で約4時間の位置にあります。カリフォルニア州の海岸沿いにあるレッドウッド国立公園に育っている細くて長いレッドウッドと比べると、少し低いものの太いことがセコイアの特徴と言えます。


グラント将軍の木
DSCN7758 copy-g
セコイア・キングスキャニオン国立公園には、将軍の名前を持つ2つの木があります。写真はキングスキャニオン国立公園にある、グラント将軍の木(General Grant Tree)です。樹齢2300から2700年、高さ84メートル、重さ1400トン、根元の直径は31メートルもあります。「General」とは将軍のことです。駐車場から徒歩20分程度でしたが、着くまでにたくさんの巨大な樹木を目の当たりにすることになります。


シャーマン将軍の木
DSCN7822 copy-g
キングスキャニオン国立公園にあるグラント将軍の木に対して、セコイア国立公園にはシャーマン将軍の木(General Sherman Tree)があります。樹齢2000年、高さ82メートル、根元の直径は33メートルあり、現在地球上で最も体積の大きい生命体と言われています。夏場の駐車場から歩いて15分ぐらいでした。冬場はもう少し近くに停めることができます。


シャーマン将軍の木の全体像
DSCN7817 copy-g
先程の写真では上の方が入らなかったので、もう少し上部が見えるように遠くから眺めました。周りを歩いている人達が小さく見えます。視界に人が入っていた方が大きさを把握しやすいですね。


将軍の木の比較
DSCN7825 copy-g
体積や推定の重さはシャーマン将軍の木の大きいですが、幹や根の幅はグラント将軍の木の方が大きいようです。ただし園内に育っている名もないセコイアたちの方が高くて古いようですね。たしかに将軍の木よりも、周辺にある木の方が高く見えるときも多かったです。高さではなく、太さや幅を見るべきだということですね。


アクセス方法
サンフランシスコやロサンゼルスから車でアクセスできます。セコイア・キングスキャニオン国立公園の園内にはガソリンスタンドが少ないので気をつけてください。ただしセコイア国立公園とキングスキャニオン国立公園を結ぶ道路沿いなどにはガソリンスタンドがあります。


ベストシーズンや気候
春から秋がおすすめです。冬期には道が閉鎖されている場所があります。


治安について
熊などの野生動物に注意してください。


周辺の観光スポット
ヨセミテ国立公園まで車で3時間半
サンフランシスコまで車で4時間
ロサンゼルスまで車で4時間
デスバレー国立公園まで車で6時間


今回はセコイア・キングスキャニオン国立公園にある、巨大なセコイアについてでした。写真からではあまり大きさが想像できないので、ぜひ自分の目で確かめてみてください。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント