ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークを攻略

今回はカリフォルニア州ロサンゼルス近郊の街アナハイムにある、ディズニーランドを紹介します。日本と比べても待ち時間が少ないため、ロサンゼルス旅行中にディズニーランドの日を1日入れるのもいいかもしれませんよ。


アメリカのディズニーパーク
DSCN8397 copy
アメリカには2つのディズニーパークがあります。本家であり世界で最も大きいフロリダのディズニーワールドと、東京のディズニーリゾートよりも一回り小さいカリフォルニアのディズニーパークです。カリフォルニアのディズニーパークには、フロリダのマジックキングダムや東京ディズニーランドとほぼ同じパークであるディズニーランドパークと、カリフォルニアオリジナルとも言えるカリフォルニア・アドベンチャー・パークがあります。今回はもちろんオリジナルのカリフォルニア・アドベンチャー・パークの方を紹介しようと思います。


カリフォルニア・アドベンチャー・パーク
DSCN8330 copy
写真はカリフォルニア・アドベンチャー・パークの入口です。カリフォルニア・アドベンチャー・パークとディズニーランドパークの入口は、ほぼ同じ場所にあります。セキュリティチェックを受けて進んで右側にカリフォルニア・アドベンチャー・パーク、左側にディズニーランドパークがあります。片方のパークに入場するために1つのチケットが必要ですが、両方入るためのホッパーチケットもあります。また出るときに入口でスタンプを押してもらいチケットを保持していれば、同じ日なら何度でも入場できます。


アドベンチャー・パークのアトラクション
DSCN8463 copy
カリフォルニア・アドベンチャー・パークにあるアトラクションの大部分は、フロリダのディズニーワールドのエプコットアニマル・キングダム、ハリウッド・スタジアムにあるアトラクションの寄せ集めという印象でした。ただしフロリダにはないアトラクションもいくつかあり、例えば写真に写っている絶叫マシンであるカリフォルニア・スクリーミンは、カリフォルニアオリジナルのアトラクションです。


ミッキーのファンウィール
DSCN8419 copy
カリフォルニア・スクリーミンだけでなく、ミッキーのファンウィールもカリフォルニアにしかないアトラクションだと思います。これはブランコのようにスイングする絶叫系観覧車です。3台に1台普通の観覧車もあり、入口でどちらに乗るか決めて並びます。観覧車は合計2周し、どのぐらい揺れるかは止まった地点次第です。ただし観覧車なのに、夜は動いていませんでした。カリフォルニア・スクリーミンとミッキーのファンウィールはいずれも、パークにある湖沿いのパラダイス・ピアにあります。写真は観覧車の裏からのもので、正面からは最初の写真のように観覧車の中心にミッキーの顔が見えます。


ラジエーター・スプリングス・レーサー
DSCN8342 copy
カリフォルニア・アドベンチャー・パークは複数のエリアに分かれています。湖沿いのパラダイス・ピア以外には、カーズランド、グリズリー・ピーク、ハリウッドランド、バグズランド、パシフィック・ワーフなどがあります。ラジエーター・スプリングス・レーサーは、車系のアトラクションが集まるカーズランドにあります。カーズの世界観まま、岩山を猛スピードで走ります。いわゆる絶叫系アトラクションなので自分で運転するわけではありませんが、時間帯によって景色も違い何回乗っても楽しめますよ。


グリズリー・リバー・ラン
DSCN8380 copy
グリズリー・リバー・ランはパークに入って右に向かったグリズリー・ピークにある、全身ずぶ濡れになる川下りアトラクションです。フロリダのアニマル・キングダムのときはレインコートを購入しましたが、むしろ濡れることがこのアトラクションの醍醐味だと思います。どれぐらい濡れるかは乗った場所次第で、回転するため運によります。お昼頃の暑い時間に、水浴びだと思って乗るのがいいでしょう。一緒に乗った友達は、偶然手に持っていたディズニー新聞でうまく水しぶきを回避していました。


ソアリン
DSCN8434 copy
グリズリー・ピークにはソアリンもあり、園内でもとくに人気の行列になっているおすすめのアトラクションです。グライダーに乗って世界中の絶景を、巨大スクリーンの本格的な映像とともに楽しめます。草原の景色なら草の匂い、何かが飛んできたら風が起きたりと、本当に空を飛んでいるかのような迫力がありました。フロリダのエプコットでも乗りましたが、映像が違ったので何回でも試したいぐらいです。待ち時間のときに世界のどのスポットへ向かうのか出ていますので、このときに予習しておかないと映像が世界のどこなのかわからないかもしれません。カリフォルニア・アドベンチャー・パークで最も並ぶアトラクションの一つと言えるので、ファストパスを早めに取った方がいいでしょう。ソアリンは中で写真が撮れないので、写真は関係のないパーク入口付近にあるミッキーとディズニー氏の像です。


トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー
DSCN8366 copy
フロリダのハリウッド・スタジアムや東京ディズニーシーにもある、恐怖のフリーフォールのトワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー。アメリカは家族連れが多いため、恐怖系は日本に比べると人気がなく、ファストパスを使わなくても待たずに乗れることが多いです。トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラーは、パークに入って左側のハリウッドランドの一番奥にあります。


イッツ・タフ・トゥ・ビー・ア・バグ
DSCN8437 copy
昆虫に関するアトラクションが集まっているバグズランド。子供向けアトラクションが多いこのエリアで、大人でも楽しめるのがイッツ・タフ・トゥ・ビー・ア・バグです。「虫は大変なんだ」みたいな意味です。子供から大人まで楽しめる、可愛らしい昆虫たちによる3D映像のショーを鑑賞できます。まるで目の前に飛んでいるかのような臨場感や、いくつかのサプライズもありました。イッツ・タフ・トゥ・ビー・ア・バグは、フロリダのエプコットにもあります。


グーフィのスカイスクール
DSCN8402 copy
グーフィのスカイスクールはレールから飛び出しそうなスリルが味わえる、絶叫系アトラクションです。パラダイス・ピアの食事ができるエリアのそばにありますが、食後にすぐ行くのはやめた方がいいですね。


トイ・ストーリー・マニア
DSCN8423 copy
パラダイス・ピアにはトイ・ストーリー・マニアもあり、ダーツで風船を狙いながら進むゲームです。風船には点数が書かれていて、撃ち落とした合計点数を競います。一周した後は同じマシンに乗っている人の各点数や、その日の最高得点なども出ます。トイ・ストーリー・マニアはパーク内でもとくに奥の方にあり、近くにはお祭りにありそうなゲームが並んでいました。


パレード
DSCN8448 copy
事前に時間を確認して、パレードも見に行きましょう。大勢の人々が集まってくるため、早めに行って場所を確保した方がいいです。パークの中心の道を入口から見て右奥から左奥へ横断していきます。太陽の方角から歩いてくるため、かなりまぶしかったです。


パシフィック・ワーフ
DSCN8426 copy
パシフィック・ワーフはパラダイス・ピアの隣にあり、屋外のフードコートのようになっています。サンフランシスコ名物のクラムチャウダーもありました。


ワールド・オブ・カラー
DSCN8486 copy
ワールド・オブ・カラーは、夜にパラダイス・ピアで行われる噴水ショーです。音楽に合わせてカラフルな噴水に映像が写し出され、30分の感動的なショーを見せてくれます。近くで見たい場合には、朝早めにファストパスを取っておいた方がいいです。ワールド・オブ・カラーのファストパスを取るための機械は、グリズリー・ピークにあるグリズリー・リバー・ランの入口付近にありました。


ダウンタウンディズニー
DSCN8455 copy
カリフォルニア・アドベンチャー・パークの入口には、ギフトショップもたくさんありました。それ以外にも2つのパークを出たダウンタウンディズニーと呼ばれるエリアに、数多くのお店が並んでいます。


世界のディズニーパークの敷地面積
実はカリフォルニアのディズニーパークは、日本のディズニーリゾートよりも小さいです。ディズニー以外の観光をメインにしたい場合はカリフォルニア、ほとんどディズニーのみに絞りたい場合はフロリダがおすすめです。

ウォルトディズニーワールドリゾート 112,000,000平方メートル(86倍)
ディズニーランド・パリ
 19,430,000平方メートル(15倍)
東京ディズニーリゾート
 1,300,000平方メートル(1倍)
香港ディズニーランドリゾート
 1,260,000平方メートル(0.97倍)
カリフォルニアディズニーランドリゾート
 730,000平方メートル(0.56倍)

括弧内は東京ディズニーリゾート(東京ディズニーランドと東京ディズニーシー)との比です。


アクセス方法
ロサンゼルス市内からバスか車でアクセスできます。


ベストシーズンや気候
年中観光できます。


治安について
ロサンゼルス市内と比べると、治安は良好です。


周辺の観光スポット
ロサンゼルスのダウンタウンまで電車とバスで1時間


カリフォルニア・アドベンチャー・パークのアトラクションは、待ち時間の短いものが多いため、ファストパスを活用すれば1日だけでもしっかりと楽しめるでしょう。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント