熊がよく出没する国立公園まとめ

今回はアメリカ本土でここに数日滞在したら、少なくとも一回ぐらいは野生の熊を見られるかもという場所をまとめました。


アメリカに生息している熊の種類
アメリカグマ
Black bear-b
まずアメリカに生息している熊の種類を紹介します。アメリカグマ(American black bear)はアメリカ、カナダ、メキシコで見られるアメリカを代表する熊です。鼻が少し長く、全身が黒い熊です。国立公園だけでなく、人里近くの山の中などにもたびたび出現するらしいです。写真はイエローストーン国立公園で撮影したものです。


グリズリー
DSCN7035 copy-b
グリズリー(Grizzly)はハイイログマとも呼ばれ、世界でもシロクマの次に大きい熊です。顔が丸く、色は灰色というよりも茶色に近いです。現在ではカナダとアラスカ以外では、イエローストーン国立公園グレイシャー国立公園ぐらいでしか見ることができなくなっていて、とくに米国内では絶滅の危機に瀕している種でもあります。写真は高速道路沿いで写したものです。


熊に出会える国立公園
イエローストーン国立公園
DSCN4794 copy-b
次によく野生の熊が見られる国立公園を紹介していきます。イエローストーン国立公園アメリカバイソンを代表とする、様々な野生動物が生息しているスポットです。カラフルな温泉や数十メートル吹き出す間欠泉など、野生動物以外の見どころも多いため、熊のことをすっかり忘れたころに出会うかもしれません。ここでは平均1日あたり、アメリカグマに1回遭遇しました。


グレイシャー国立公園
DSCN7459 copy-b
グレイシャー国立公園も、アメリカグマとグリズリーのいずれも遭遇しやすい場所です。園内には数多くのハイキングコースがあり、その途中には熊注意という看板や、ベアサイン(足跡や木に爪痕のような、熊が通った印)をよく見かけました。


ヨセミテ国立公園
DSCN7703 copy-b
観光客で賑わっている、有名なヨセミテ国立公園でもアメリカグマが現れました。写真ではわかりにくいですが、森の中をよく観察していれば人通りの多いハイキングコースでも見つけられることもあります。


グレートスモーキー山脈国立公園
DSCN5098 copy-b
アメリカの北西部にあるイエローストーン国立公園グレイシャー国立公園とは異なり、グレートスモーキー山脈国立公園はアメリカの南東部にあります。大自然に囲まれた観光地で、車での移動中にアメリカグマの子供を数匹見かけました。アメリカで年間の来場者数が最も多い国立公園ですが、熊が出ることもあります。


熊がよく見られるスポットをまとめました。アメリカの熊は基本的には大人しいので、驚かせなければ数十メートル以内にいても、無視されて大丈夫なことが多いです。心配な場合にはベアスプレーを携帯し、もしものときにすぐ適切な対応ができるように心がけておいた方がいいですね。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ヨセミテ国立公園に大昔行きました。西海岸のおもなところ周遊・格安バスツアー。ロス---ディズニーランド---ラスベガス---グランドキャニオン---ヨセミテ---サンフランシスコ 確か1週間ぐらい、同じメンバーでのバス旅。最後は一つの家族のようでした・・・アメリカが広大な事、肌で実感しました。ヨセミテで熊には遭遇しませんでしたが、大きな鹿(大きな角)がコテージの近くに、大きな松ぼっくり 覚えています。

Re: No title

kitchenplazaさん、たった1週間でそんなに廻ったんですね!ヨセミテは他の国立公園に比べて熊に遭遇しにくいですが、たしかミラーレイクへ行く森の中にいました。田舎ではシカによく出会いますが、人間によって角が取られているので、国立公園に行かないと角付きはなかなか見られません。アメリカ西海岸をしっかり満喫されたようですね!