ラスベガスの無料観光スポット

ラスベガスの中心地から徒歩で行けて、しかも無料で楽しめる観光スポットをまとめました。見逃しやすい隠れスポットが多いので、旅行前のチェックに使ってください。


ベラージオ植物園
DSCN6875 copy
ラスベガスの中心地に位置する、ホテルベラージオ内には植物園があります。ホテル内のショッピングモールの中にあり、誰でも自由に見ることが可能です。シーズンによってテーマを変えて展示されているので、何度行っても楽しめるでしょう。ちなみに行ったときにはちょうど日本庭園をテーマにしていました。またインターネット上に書いてあるような「ベラージオ植物園(Bellagio Botanical Gardens)」ではなく、建物内の案内には「Conservatory」と書いてあるため、迷わないようにしてください。


ベラージオの噴水ショー
DSCN3509 copy
ホテルベラージオの噴水は、ラスベガス旅行では必見の無料ショーです。たくさんの噴水が動く幻想的な演出が、1回数分の音楽に合わせて繰り広げられます。クラシックや映画の音楽など、20パターン以上もあります。ラスベガスの中心地にあり、毎日15分か30分ごとに行われているため、通りがかるたびに足を止めて楽しむことができるでしょう。


フラミンゴ生息地
DSCN6833 copy
ホテルベラージオの交差点のちょうど反対側には、フラミンゴホテルがあります。多分フラミンゴ通り沿いにあることが名前の由来だと思いますが、実際にホテルの庭にはフラミンゴも生息しています。フラミンゴだけでなく様々な鳥類が放し飼いにされていて、ホテルに泊まらなくても庭園に入ることができますよ。よくインターネット上では「野生フラミンゴ 」と書かれていますが、ホテルの庭で飼われている以上、野生というのも変な表現ですね。


ミラージュの噴火ショー
DSCN3470 copy
ホテルの無料ショーと言えば、ミラージュも必見です。ミラージュは南国をイメージしたホテルで、1日に2回ほど、火山が噴火するショーを道端から見ることができます。


オートコレクション
DSCN6851 copy
ケネディ大統領やマリリン・モンローなどの著名人の愛用していた車があり、年代物のビンテージカーが展示されているカーディーラー、オートコレクション。実際には入場料は10ドル前後ですが、事前にインターネット上でクーポンを印刷しておけば、入場料なしの無料で入館することができます。ショッピング施設や観覧車があるThe LINQ内の、The LINQ ホテル アンド カジノ (The LINQ Hotel and Casino)の立体駐車場の5階にあります。


オリジナリティが高いホテル街
DSCN6885 copy
ラスベガスの中心エリアには、独特なホテルが立ち並んでいます。ラスベガス大通り沿いを歩くだけで、エジプトや古代ギリシャ、パリやベネチアなど、様々なテーマを持ったホテルを見ることができます。外部から建物を眺めるだけでも楽しいですが、どのホテルも自由に中に入ることができ、内部はいずれも独創的な雰囲気になっています。ホテルというより、まるでショッピングモールです。


アクセス方法
ラスベガスのホテルが集まっているストリップ内にあります。いずれも徒歩で行くことができます。


ベストシーズンや気候
年中楽しめます。冬場は温暖ですが、夏は猛暑のときもあります。


治安について
観光客が多いので、比較的安心してよいでしょう。


周辺の観光スポット
ラスベガスのホテル街であるストリップ内


ラスベガス観光の中心でもある、テーマホテル巡りや無料ショーについて紹介しました。ホテルの内部にはあまり知られていないけど、無料で自由に観光できるスポットが多いので、ぜひ見逃すことなく行ってみてください。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

オーシャンズ11

つい最近、ベラージオのこの植物展示の場所に、巨大な水槽が展示された番組を見たばかりです。
アニマルプラネットの「魅惑のアクアリウム」という番組で。私はベラージオは噴水ショーだけ見て、中には入らなかったのです。また行く時があるのかなー?テレビでは、ベガスが舞台の番組を毎日のように見ているのですけどね。

Re: オーシャンズ11

びーさん、実はアクアリウムになっていたときにも多分ちょうど観光しました!7月でしたね。数ヶ月おきにテーマが変わるので、何度行っても楽しいです。ベラージオは内部も迷うほど広くて、ショッピングモールのようなエリアもあり、他には小さい美術館もあります。

うわー いいなー

そうだったんですか!あのアクアリウムが作られる過程を楽しく見たので、羨ましいですー。

Re: うわー いいなー

びーさん、ホテルの一区画とはいえ、テーマごとにここまで大きく作り変えられていることに感動しました。