感謝祭に巨大ターキーを食べよう

サンクスギビングデイ(感謝祭、Thanksgiving Day)とは、毎年11月の第4木曜日にあるアメリカ合衆国の祝日のことです。七面鳥の日(Turkey Day)とも呼ばれ、ターキー(七面鳥)の丸焼きを中心に、食べきれない量の料理が用意されます。


ターキーの丸焼き
Thanksgiving-1.png
[ターキーの食べ方]
巨大なターキーの丸焼きを切り分けて、普通はクランベリーソースやグレイビーソースなどを付けて食べます。メインディッシュはもちろんターキーですが、ターキーの前に様々な料理を食べます。そのためターキーが出てくるころには、お腹いっぱいになっているということも多いです。さらにデザートとしては、パンプキンパイやアップルパイなどが一般的です。

[残った料理]
半分以上の料理は残るので各自持ち帰り、次の日の食事にしています。また各自の予定などによって、木曜日以外(金曜から日曜のいずれか)にパーティーが開かれることも多く、もし複数のグループから誘われると、数日間連続して毎食ターキーを食べることになってしまいます。


サンクスギビングデイ
Thanksgiving-2.png
[お盆のような連休]
サンクスギビングデイのある木曜日だけでなく通常は金曜日も休みになり、水曜日の午後から日曜日にかけて連休となっています。そのため実家に帰る人も多く、日本のお盆やゴールデンウィークのような連休と言えます。

[ブラック・フライデー]
サンクスギビングデイの翌日金曜日には、多くの小売店で大規模な売れ残り一掃セールを行っています。ものすごい人だかりになるようで、早朝に行かないと商品がすべてなくなってしまうらしいです。この日は多くの小売店で黒字なることから、ブラック・フライデーと呼ばれています。ただいつも前日にターキーを食べ過ぎてしまい、毎年金曜日の早朝に間に合うようには起きられません。

[アメリカの祝日]
アメリカで一般的な連休はサンクスギビングデイと、クリスマスから元旦までの冬休みしかないため、帰省できるような休みは一年の終わりの11月末と12月末に偏っています。サンクスギビングデイやクリスマス、元旦などは、ほとんどのレストランやスーパーマーケットが閉店しています。もし旅行がサンクスギビングデイと重なる場合には、その日の食事を事前に確保しておきましょう。


11月末にアメリカに滞在することになったら、ぜひ巨大ターキーの丸焼きと食べきれないほどの料理を楽しんでください。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント