シカゴの都市部と自分自身の姿を映し出すザ・ビーン

ザ・ビーン(クラウド・ゲート)は、イリノイ州シカゴミレニアムパークにあるオブジェです。大きな鏡になっていて、豆のような形のためにザ・ビーンと呼ばれています。


ミレニアムパークにあるザ・ビーン
DSCN6141 copy-b
シカゴの必見観光スポットであるミレニアムパークで、ザ・ビーンは一番人気がある大きな鏡のようなオブジェです。ミレニアムパークはシカゴの都市部にあります。


ザ・ビーンに映るビル群
DSCN6146 copy-b
幅が20メートル、高さが10メートルあります。ステンレス板を繋ぎ合わせて作られたらしいですよ。表面は研磨されているため、つなぎ目は見えません。近づけば自分の姿も写りますよ。鏡には周辺のビル群がきれいに映っていますね。


下から見たザ・ビーン
DSCN6050 copy-b
ザ・ビーンの下は空洞になっているため、下から眺めることもできます。


様々な映り方
DSCN6051 copy-b
少し移動するだけで、映り方も変わります。ちょっと不思議ですね。


ザ・ビーンの周辺
DSCN6036 copy-b
ミレニアムパークは市民の憩いの場となっています。公園内にはザ・ビーン以外にも、いろんな表情の巨大な顔がディスプレイに現れるクラウン・ファウンテン、コンサートホールやバッキンガム噴水などのたくさんの見どころが集まっています。


アクセス方法
バスや電車でアクセスできます。


ベストシーズンや気候
ザ・ビーンは年中見れますが、冬場は風が強く雪も多いです。また冬はアトラクションも少なくなるため、春から秋にかけておすすめです。


治安について
ミレニアムパーク内は安全です。


周辺の観光スポット
ミレニアムパーク
シカゴ美術館の目の前
バッキンガム噴水まで徒歩10分
ウィリス・タワーまで徒歩20分
ネイビー・ピアまでバスで10分
ウォーター・タワーまでバスで10分


ザ・ビーンはミレニアムパーク内の一番の見どころですが、他にもたくさんの必見スポットがあるため、一気に全て廻りましょう。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント