タワーのような岩が無数に並んでいるブライスキャニオン国立公園

ブライスキャニオン国立公園はユタ州に位置する国立公園で、無数の柱のような独特の地質構造を持っている場所です。赤や橙、白などの色をしたもろい岩が雨水や風により浸食されたことで、不思議な地形を形成しています。大自然の芸術とも言える見事な風景です。


DSCN3327 copy
ブライスキャニオン国立公園は、見渡す限り大自然のど真ん中にあります。

DSCN3315 copy
拡大するとこんなかんじです。不思議な地形ですね。


DSCN3313 copy
公園内にはたくさんの絶景ポイントがあります。ぜひ制覇してくださいね。


DSCN3305 copy
サンセット・ポイントやサンライズ・ポイントなど、夕陽や朝陽を眺めるのにベストなポイントもあります。写真は朝陽のものですが、きれいですね。


アクセス方法
ラスベガスかソルトレイクシティから車で4時間ほどかかります。レンタカーを使い、自分で観光するのがおすすめです。


ベストシーズンや気候
山の上にあるため寒いです。朝方や夕方は冷え込むため、防寒対策をしっかりしてください。春から秋にかけてがベストです。


治安について
観光客しかいないため、安心できます。


周辺の観光スポット
ザイオン国立公園まで車で1時間半
キャピトルリーフ国立公園まで車で2時間半
アンテロープキャニオンまで車で2時間半
グランドキャニオン(ノースリム)まで車で2時間半
ラスベガスまで車で4時間
アーチーズ国立公園まで車で4時間半
モニュメントバレーまで車で4時間半


ぜひブライスキャニオンで朝陽や夕陽を眺めてみてください。アクセスしにくい場所にありますが、グランドキャニオンアンテロープキャニオンザイオン国立公園などと一緒にまとめて廻るのがおすすめです。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント