迷路のようなプエブロ・ボニート遺跡

ニューメキシコ州のチャコキャニオンに位置するチャコ文化国立歴史公園は、1000年ほど前に作られたアメリカ先住民のプエブロ文化の遺跡です。標高が二千メートルあり、自然環境が厳しい渓谷にあります。このエリアでは二千ヶ所以上の遺跡が発見されていて、ユネスコの世界遺産にも登録されています。以前に全体像の紹介をしましたが、今回は園内でも最大の大きさを持つプエブロ・ボニートに焦点を当てます。


プエブロ・ボニート遺跡
DSCN5811 copy
スペイン語で「美しき街」という意味のプエブロ・ボニートは、4階建ての現代で言うアパートのような建物です。100〜160メートルの範囲に、800以上の部屋があります。また建物の中央には広場があります。


迷路のような内部
DSCN5805 copy
チャコ文化国立歴史公園の多くの遺跡は、ガイド等なしで自由に入ってみることができます。とくにプエブロ・ボニート遺跡は広いため、写真のように部屋から部屋へくぐりながら観光できます。よく見ると部屋と部屋の間の穴の形も少し違いますね。


すぐ近くは高い崖
DSCN5812 copy
建物を構成する壁は、石が積まれて造られています。遺跡は崖にそばにあり、大量の石はここから調達していたようですね。


並んでいる部屋
DSCN5809 copy
写真はよくガイドブックにも使われるような、部屋の入口が連なっている場所です。夕焼けに染まる景色は絶景となるようですが、帰り全く光がない砂利道を車で数十kmも走ることを考えると、ちょっと不安なので避けました。


プエブロ・ボニートの外部
DSCN5798 copy
プエブロ・ボニートは、チャコ文化国立歴史公園にある遺跡の中でもとくに大きいです。事前に建物内に入れることを知らないと、気がつかないかもしれません。帰ろうかと思っていたところで偶然中に入っている人を見かけたので、自由に入れることに気がつきました。


アクセス方法
サンタフェやアルバカーキなどの街から車で行きます。数十km以上ガソリンスタンドがないため、高速道路から園内に入る道のところで、ガソリンを入れておきましょう。


ベストシーズンや気候
年中楽しめます。ただし気温の変動が大きいので注意してください。


治安について
園内はとくに問題ないですが、周辺の街の治安は良いとは限りませんので、事前に確認しておいた方がいいです。


周辺の観光スポット
チャコ文化国立歴史公園
アルバカーキまで車で3時間
フォーコーナーズまで車で3時間
サンタフェまで車で3時間半
メサ・ヴェルデ国立公園まで車で3時間半
化石の森国立公園まで車で4時間
キャニオン・デ・シェイ国定公園まで車で4時間


チャコ文化国立歴史公園のプエブロ・ボニートは園内でも最大級の遺跡なだけでなく、誰でも部屋の中まで自由に入ることができます。建物内部には部屋がたくさんあり出口がわからなくなるほど広かったですが、次々とくぐっていくのはちょっと楽しいですよ。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

That's amazing!

うわー、中を迷ってみたいです!私は自然の景観よりも、人間が作った物を見るのが好きなんです。でも、治安、気になりますね〜・・・

Re: That's amazing!

びーさん、建物内まで入れるとは全く思っていなかったので、もし行く機会があったら見逃さないようにしてください。ニューメキシコ州は治安の悪い地域が多いですが、サンタフェという街は安全なのでそこを拠点として廻るといいですよ。