野生のプレーリードッグの群れに出会える場所

プレーリードッグを高い確率で見られる観光地をまとめました。


プレーリードッグとは
DSCN4196.png
プレーリードッグとは体長が30~40cmのネズミ目リス科の草食動物で、すべて北米原産です。


プレーリードッグと草原
DSCN4193 copy-pd
プレーリードッグは北米の草原地帯に群れで生息し、穴を掘って巣を作ってします。プレーリードッグは視界を確保するために草原を刈り取っていますが、それにより栄養豊富な草が伸びるため、草原を求めて動物が集まってきます。プレーリードッグのいなくなると、草原は荒れるために砂漠化の原因となります。


プレーリードッグと巣穴
DSCN4195 copy-pd
プレーリードッグが巣穴を掘っているところです。巣穴は地中で複雑に繋がっていて、複数の出口があります。一年の温度差が激しいエリアに生息していますが、巣穴内の温度は年中常に15 ℃前後に保たれているらしいです。


プレーリードッグと見張り台
DSCN4197 copy-pd
プレーリードッグが遠くを見ていますね。プレーリードッグは巣穴周辺に土を盛り上げて、見張り台を作る習性があります。そして天敵が近づくと犬のような鳴き声で、仲間に警告します。


[プレーリードッグの巣穴が多い場所]
では実際にこれまでにプレーリードッグの群れを見た場所を紹介します。

バッドランズ国立公園
DSCN4199 copy-pd
バッドランズ国立公園は、サウスダコタ州ラピッドシティの東側にあります。普通は生き物が住めないような荒々しい岩山地帯ですが、その中の草原地帯にプレーリードッグが生息しています。


カスター州立公園
DSCN4241 copy-pd
同じくサウスダコタ州にあるカスター州立公園はプレーリードッグだけでなく、アメリカバイソンやコヨーテなどの珍しい野生動物が生息している地域です。ここにはプレーリードッグタウンと呼ばれる、プレーリードッグの巣穴が集まっている場所があります。


デビルズタワー
DSCN4369 copy-pd
ワイオミング州に位置するデビルズタワーはマグマによって突き上がった、不思議な形の巨大な岩です。垂直な岩に気を取られている間に、プレーリードッグが現れるかもしれません。実際にデビルズタワーの車の入口から少し進んだ場所に、たくさんのプレーリードッグが生息していました。


プレーリードッグの生息地まとめ
DSCN4194 copy-pd
たくさんのプレーリードッグが巣を作っている場所は、サウスダコタ州西部にあるラピッドシティ周辺の観光地に集まっています。珍しい動物かと思っていましたが、どこでも見られたため、後半は写真を撮ることすら忘れていました。


アクセス方法
いずれもラピッドシティからレンタカーを使ってアクセスします。バッドランズ国立公園カスター州立公園デビルズタワーにはラピッドシティから周遊するツアーも出ています。


ベストシーズンや気候
春から秋までがベストです。


治安について
バッドランズ国立公園カスター州立公園デビルズタワーのような観光地は安全です。ただし大型動物の飛び出しに気をつけましょう。


周辺の観光スポット
バッドランズ国立公園カスター州立公園デビルズタワーラピッドシティからアクセスでき、ラピッドシティの周りにはラシュモア山クレイジー・ホース記念碑ウインドケーブ国立公園があります。


プレーリードッグはサウスダコタ州やワイオミング州の観光地を廻っていると、突然現れることがあります。群れで生息しているので、一匹見かけたら近くにたくさんいるはずですよ。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント