アメリカの変なもの集めました(食べ物編)

アメリカの日常に潜む変なものだけ集めてみました。まずは主に食べ物に関してです。


ちょっと恐いキャラクター
111107_213219 copy
全体的にキャラクターが何か恐いです。


変な日本語
Photo on 2012-02-06
間違った日本語のメニューや商品は日常茶飯事ですね。


前菜のみそ汁
110804_193834 copy
日本食レストランによってはメニューを注文するとまず、みそ汁だけ出てきます。ご飯もなしです。メインが来るまでに飲まないと回収されてしまいます。つまりコーンスープ的な存在ですね。そしてよくみそ汁には大きなレンゲがついています。


斬新なお寿司
110804_194318 copy
ほとんどのアメリカ人が日本料理と聞けば、カリフォルニアロールをイメージします。写真のレインボーロール以外にも、ドラゴンロールやスパイダーロールなどカラフルで斬新なものが多いです。各レストランのオリジナルロールもあるので、ぜひ一度ぐらい試してみてください。


食べきれないデザート
110915_200739 copy
しっかりメインディッシュを食べた後に、ちょっとデザートを食べようとしたら、一人分にしては多すぎる量のものが出てきました。全く量が予想できないです。


同じ商品のサイズや量が違いすぎる
111127_084522 copy
写真のように明らかに商品のサイズが違うときがあります。飲み物のペットボトルの場合、並べてよく比べてみると、入っている量が全部違っていることが多いです。


あまりお得じゃない大量買い
120129_132756 copy
商品一つが大きいにも関わらず、複数で割引になっています。ただ大量買いしてもそれほどお得じゃないことが多いです。写真の場合には、2、3リットルのジュースを10本買っても、90セントしか得しないです。持ち帰る労力の方が大きいです。


謎の儀式サケボム
111222_121852 copy
日本食レストランには、サケボム(Sake Bomb)と呼ばれるパーティーメニューがあります。 みんなでリズムに合わせてテーブルをたたいて、振動で日本酒のおちょこをビールジョッキの中に落とします。そしてそのビールと日本酒が混ざった謎の飲み物を飲みます。


ほとんどお茶じゃないアリゾナティー
121228_172056 copy
安いお茶だと思って手を出すと、ちょっと驚くアリゾナグリーンティー。以前に紹介しましたが、砂糖入りのジュース(甘いレモンティー)のような味で、全く緑茶ではないです。ザクロ味やオレンジ味の緑茶のように、10種類ぐらい味があります。アメリカで人気の緑茶で、スーパーマーケットやコンビニにはたいてい売っています。持ち運びにも便利な粉状のタイプもあります。


緑茶はちょっと高級な飲み物
120318_115731 copy-M
お〜いお茶のような緑茶はアメリカでも手に入りますが、日本と比べると割高です。日本と同じ2リットルのペットボトルでも、4ドル(400円以上)します。写真は3ドルの安売りのときのものです。


1ドルなのにでかい
写真(2011-08-24 2132)
99 Cents Only StoresやDollar Treeなど、日本で言う100均のようなお店では、2リットルのジュースや200から300グラムの巨大なお菓子が売っています。結構お得ですが、一回では食べきれないですね。


アメリカにある変なものの後編もあります。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Hello

ありがとうございます。こういう、こまごました面白い現地の情報が大好きです。後編はこれからですか?楽しみにしています。

No title

こんばんは。

僕たちはこの辺りしか行っていないのですが
モニュメントバレーに泊まったときに小さなスーパーで買ったジュースは
本当に不味くて飲めませんでした。

これはあの辺りの人にとっては美味しいんでしょうね。
人間の味覚は環境で大きく違って来るものなんですね!

Re: Hello

びーさん、楽しんでもらえて光栄です。後編は数日以内に載せられると思います。お楽しみに!

Re: No title

孝ちゃんのパパさん、食べ物に関する環境や体質は想像以上に違うみたいです。例えばラーメンのようなだしの効いているごく普通の日本食を欧米人が食べると、高確率で腹痛になってしまいます。そのためアメリカのラーメン屋は日本人になじめない味か、衛生面が定評価のどちらかが多いです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

系@スイスさん、ご親切にありがとうございます。今後もブログを楽しく読ませていただきますので、どうかお気になさらずに。ご自身のお時間を大切にして、元気にお過ごしください。