アバランチレイクまで森林の中を歩くすがすがしいハイキング

モンタナ州にある世界遺産グレイシャー国立公園は敷地の大部分が森林や山、湖などで占められているため、数多くのハイキングコースがあります。以前にグリネル氷河まで向かう半日かかるコースを紹介しましたが、ほかにも園内には1日がかりのたくさんのトレイルがあります。今回は森林の中を気持ちよく歩けて、片道1時間ほどで気軽に行けるアバランチレイク(Avalanche Lake)までのトレイルと紹介したいと思います。


スギに囲まれたコース
DSCN7414のコピー
アバランチレイクまでのハイキングコースの入口には、Trail of the Cedarsと呼ばれるスギが生い茂ったトレイルがあります。一周1.5kmぐらいでアップダウンもない、歩きやすいコースです。


大きな木の根
DSCN7407のコピー
倒れている木の根っこを見ると、木が大きいことがわかります。


森林の中をハイキング
DSCN7404のコピー
Trail of the Cedarsを越えると、少しだけ上り坂になります。緑豊かな高い木に囲まれた森林の中を歩くため、ほとんど日陰で気持ちよくハイキングを楽しめました。


気分爽快な小川
DSCN7411のコピー
トレイルの途中には、何度も小さな川が流れていました。


アバランチレイク
DSCN7413のコピー
片道3km程度で、あっという間に到着です。 1時間もあれば、ここまで着けると思います。森林から突然この景色が現れます。


雪解けでできた滝
DSCN7419のコピー
雪解けのシーズンなら、山の頂上から滝が流れています。


湖で遊んでいる人達
DSCN7415のコピー
湖に入っている観光客もいますね。


野生動物
DSCN7429のコピー
トレイルを歩いていると、急にシカなどの野生動物が飛び出してきますよ。動物に会うためにのんびり歩いてみるのもいいですね。


ゴーイング・トゥ・ザ・サン・ロード
DSCN7403のコピー
アバランチレイク(Avalanche Lake)へ向かうハイキングコースの入口は、グレイシャー国立公園の西端にあるマクドナルド湖からゴーイング・トゥ・ザ・サン・ロード(Going-to-the-Sun Road)東へ進んだ場所にあります。トレイルの入口までは森林の中を、数分ドライブします。


アクセス方法
周辺には大きな都市がないため、カルガリー(カナダ)から国境を通ってレンタカーでアクセスするのがベストです。他の方法として近くの小さな街であるカリスペル(Kalispell)へ飛行機、またはシアトルから電車で行くこともできますが、いずれも便が少なく時間がかかります。


ベストシーズンや気候
夏場しか入れないところが多いため、ベストシーズンは短いです。年によりますが、7〜9月ならほとんどの場所へアクセスできます。6月でもゴーイング・トゥ・ザ・サン・ロードは雪のために開通していないことが多いです。


治安について
野生動物に注意してください。


周辺の観光スポット
グレイシャー国立公園(東口)からウォータートン・レイク国立公園(カナダ)まで車で1時間半
グレイシャー国立公園(東口)からヘッド・スマッシュト・イン・バッファロー・ジャンプ(カナダ)まで車で2時間
グレイシャー国立公園(東口)からカルガリー(カナダ)まで車で3時間半
グレイシャー国立公園(東口)から恐竜州立公園(カナダ)まで車で3時間半
グレイシャー国立公園(東口)からバンフ国立公園(カナダ)まで車で4時間半
グレイシャー国立公園(西口)からシアトルまでアムトラック(電車)で15時間


グレイシャー国立公園のアバランチレイクまでのコースは、往復2時間ほどのちょうど良い長さです。終点の景色が良いだけでなく、スギが生い茂っている森林の中を歩くため、気持ちのよい人気のコースです。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント