未知との遭遇の舞台 不思議な形をしたデビルズタワー

デビルズタワーはワイオミング州の北東部にある巨大な岩です。スティーブン・スピルバーグ監督の映画である「未知との遭遇」において、宇宙船が着陸する場所として使われて有名になった観光スポットでもあります。


デビルズタワーの命名
DSCN4364 copy
デビルスタワーの縦筋は、アメリカ先住民族によってグリズリーベアがつけたという言い伝えが残っています。しかし探検家が悪神のタワーと誤訳し、デビルスタワーと後に呼ばれるようになりました。


デビルズタワーの歴史
DSCN4370 copy
ロッキー山脈が隆起したときのマグマによって岩が突き上がり、その後固まったことでこの形が形成されたようです。さらに冷却のときに垂直方向の割れ目が入り、不思議な縦の無数の線ができたらしいです。


一周するトレイル
DSCN4347 copy
周りにはトレイルがあり、デビルスタワーを歩いて一周することができます。見る方向によって、雰囲気も少し違いますね。


ロッククライマー
DSCN4351 copy
よく見るとロッククライマーたちが岩を登っています。あまりに岩が大きいので、注意して見ないと、人が登っていることに気がつきません。


プレーリードッグ
DSCN4368 copy
デビルスタワーの周辺にはプレーリードッグがたくさん住んでいて、群れを見ることができますよ。かわいらしいですね。


アクセス方法
ラピッドシティから車で2時間ほどです。


ベストシーズンや気候
冬は寒いため、春から秋にかけておすすめの季節です。


治安について
観光客しかいないため、安心してよいでしょう。


周辺の観光スポット
ラピッドシティまで車で2時間
クレイジー・ホース記念碑まで車で2時間
カスター州立公園まで車で2時間
ウインドケーブ国立公園まで車で2時間
ラシュモア山まで車で2時間半
バッドランズ国立公園まで車で2時間半


今回は大自然の不思議の一つ、デビルスタワーについてでした。デビルスタワーのそばにあるラピッドシティの周辺には、大統領の巨大な彫刻が彫られたラシュモア山もあり、まとめて観光することをおすすめします。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント