FC2ブログ

アメリカの国立公園の入場者数ベスト5

アメリカの国立公園の中で、毎年最も入場者数が多いものをランキング形式で発表します。


5位 オリンピック国立公園
入場者数 約330万人
DSCN6410のコピー
ワシントン州に位置するオリンピック国立公園は海岸、山脈、温帯雨林の3つが組合わさった大自然のスポットです。シアトルからアクセスが容易なため、観光客に人気があります。冬場は雪のため一部通行止めになっていますが、一年中楽しめる場所です。

アクセス方法
シアトルから車で日帰りでもアクセスできます。最寄りの小さい街であるポートエンジェルスで、1,2泊するのがおすすめです。シアトルからの1日ツアーもあります。


4位 イエローストーン国立公園
入場者数 約330万人
DSCN4466のコピー
ワイオミング州、アイダホ州、モンタナ州の3州に跨がる世界最古の国立公園であるイエローストーン国立公園。自然のカラフルな温泉や定時に吹き出す間欠泉の名所でもあり、アメリカバイソンのような様々な野生動物が生息している広大な公園です。冬場は閉鎖されていて、全てのエリアに入れるのは6月から9月の限られたシーズンのみにも関わらず、年間4位という来場者数を誇っています。

アクセス方法
アイダホフォールズ空港などの最寄りの空港から車で数時間かけてアクセスできますが、空港が小さく航空便も少ないです。ラピッドシティからソルトレイクシティまで1週間で観光するツアーなどに、イエローストーン観光が2日間含まれています。


3位 ヨセミテ国立公園
入場者数 約370万人
DSCN7650のコピー
カリフォルニア州のヨセミテ国立公園は、サンフランシスコからアクセスしやすい自然スポットです。ヨセミテの代名詞でもある巨大な半球の岩山ハーフドームや、1000メートルある一枚岩の断崖絶壁エル・キャピタン、北米で最も落差のあるヨセミテ滝などが主な見どころです。

アクセス方法
サンフランシスコから車でアクセスできます。車がなくてもサンフランシスコからのツアーもあり、夏場の園内には各ポイントを行き来するバスが走っているため便利です。


2位 グランドキャニオン国立公園
入場者数 約440万人
130428_161840のコピー
最深部まで2000メートルの落差がある、アリゾナ州の広大な渓谷グランドキャニオン。夕焼けに染まる渓谷や、渓谷を降りるトレイルは、グランドキャニオンを味わう上では欠かせません。渓谷の対岸まで行くためには、車で高速道路を大きく周るルートとなり、片道4時間かかります。また渓谷を降りてから登るハイキングルートでは、片道10時間の移動に加えて、安全のために必ず途中で1回宿泊することが決められています。

アクセス方法
ラスベガスから車でアクセスできます。車がなくてもラスベガスからのツアーもあり、園内にはバスが走っているため便利です。


1位 グレートスモーキー国立公園
入場者数 約950万人
DSCN5043のコピー
2位のグランドキャニオンから2倍以上の差をつけて、毎年1位に輝いているのはグレートスモーキー国立公園です。2位から5位まで全て西海岸にあるのに対して、唯一東海岸にあります。東海岸では数少ない広大な自然スポットということもあり、毎年数多くの観光者を集めています。グレートスモーキー国立公園にはとくに珍しいものはないため、純粋に自然を満喫する場所です。ブラックベアのような野生動物が暮らしており、延々と連なっている山脈でハイキングやドライブが満喫できます。

アクセス方法
アトランタから車でアクセスできます。


第1位から第5位までは全て世界遺産に登録されている自然公園でした。ちなみに第6位以降はロッキー山脈国立公園、ザイオン国立公園、カイヤホガ・バレー国立公園、グランドティトン国立公園アーカディア国立公園となっています。


イエローストーン国立公園以外はいずれも大都市からのアクセスがしやすく、冬場は一部閉鎖されるものの一年中観光できる国立公園です。野生動物との遭遇率が高く、緑豊かな夏がおすすめです。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント