シカゴにあるミレニアムパークの見どころ

ミレニアムパークは、イリノイ州シカゴの都市部にある公園です。2004年オープンの新しい観光地にも関わらず、現在ではシカゴを象徴する存在になっています。


ザ・ビーン
DSCN6145 copy
一番人気があるのは、ザ・ビーン(クラウド・ゲート)と呼ばれる大きな鏡のようなオブジェです。シカゴのビル群がきれいに写っていますね。近づけば自分の姿も写りますよ。


ザ・ビーンの周り
DSCN6147 copy
数多くの人が記念撮影しています。周辺はシカゴの都市部なので、公園は市民の憩いの場のような存在です。


クラウン・ファウンテン
DSCN6090 copy
ミレニアムパークでは、クラウン・ファウンテンも見逃せません。大きな向い合った2つのディスプレイに、巨大な顔がいろんな表情で写っています。


たくさんの顔
DSCN6088 copy
表情だけでなく、数分で人も変わりますよ。しばらくすると口から水を吹き出すのですが、冬場は見られないようです。


スケートリンク
DSCN6176 copy
公園内には、スケートリンクもあります。シカゴの街並みを眺めながら楽しめますが、上手に滑れないと入りにくいです。後ろの方にはザ・ビーンも見えますね。


コンサートホール
DSCN6037 copy
他にもジェイ・プリツカー・パビリオンと呼ばれるコンサートホールや、不思議な曲線の歩道橋であるBPブリッジ、様々なイベントが催されているハリス劇場などもあります。とくにコンサートホールは、写真のように独創的なデザインをしています。


シカゴ美術館
DSCN6130 copy
ミレニアムパークのそばには、シカゴ美術館があります。ニューヨークにあるメトロポリタン美術館ボストンボストン美術館と並んで、アメリカ三大美術館の1つです。さっと見るだけでも、半日ぐらいかかりますよ。計画を立てて回らないと、どこを見たか迷うかもしれません。


アクセス方法
バスや電車でアクセスできます。


ベストシーズンや気候
冬は風が強く雪も多いため、春から秋にかけておすすめです。また冬場はアトラクションも少なくなります。


治安について
ミレニアムパーク内は安全です。


周辺の観光スポット
シカゴ美術館の目の前
バッキンガム噴水まで徒歩10分
ウィリス・タワーまで徒歩20分
ネイビー・ピアまでバスで10分
ウォーター・タワーまでバスで10分


ミレニアムパークはまだオープンして間もないにも関わらず、シカゴの必見スポットになっています。パークを中心にすると、シカゴの市街地を観光しやすいですよ。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント