アメリカを横断していた歴史あるルート66

ルート66は、1926年に指定されたカリフォルニア州サンタモニカとイリノイ州シカゴとを結んでいた全長4千kmある国道です。アメリカ西部の発展に重要な役割を果たし、映画や小説などにも多く登場しています。アメリカ西部のいくつかの都市で、66と書かれたグッズが数多く販売されています。


ルート66について
route66.png
ロサンゼルスなどのアメリカ西部の都市に行ったことがあれば、一度は目に付く66と書かれたグッズや看板。旅行前に知っておかないと、ギフトショップで困惑してしまいますよ。


ルート66が通る主な都市
130430_183659 copy2
このサンタモニカで撮った写真のように、ロサンゼルス近郊のサンタモニカから、イリノイ州のシカゴまでをつないでいました。セントルイスやオクラホマシティ、グランドキャニオンの近くにあるフラッグスタッフやキングマン、歴史ある古い都市であるサンタフェやアルバカーキなども通っています。これらの都市では、66と書かれたグッズが販売されているため、観光していたらすぐにわかりますよ。


シカゴ側の看板
DSCN6152 copy
こちらがシカゴ側の終点があった場所を示す看板です。


ギフトショップ
DSCN2946 copy
ルート66が通っていた街やサービスエリアにはギフトショップがあり、ルート66に関する様々なグッズが販売されています。ぜひ通りかかったら、お土産として探してみましょう。


アクセス方法
車でアクセスできます。


ベストシーズンや気候
年中楽しめます。


治安について
都市によって大きく違いますので、通りがかる予定の各都市について確認した方がよいです。


周辺の観光スポット
ルート66が通っていた都市を西からサンタモニカビバリーヒルズ、キングマン、フラッグスタッフ、アルバカーキサンタフェ、オクラホマシティ、セントルイスシカゴなど

アメリカ西部でグッズや看板でよく見かける、ルート66について説明しました。旅行のときに知っていると、少し違った目線で楽しめますね。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ルート66
走りたい~

Re: No title

みちおさん、ルート66にはロマンがありますよね。これまでにルート66が通るいくつかの街を偶然通りがかっただけで、実際に全て走ったわけではないのですが、もし全部走るとものすごい日数がかかりますよ。