100メートル以上の樹木が集まるレッドウッド国立公園

レッドウッド国立・州立公園はカリフォルニア州北部に位置し、315平方キロメートルにわたって高さ100メートル以上の木が生い茂っているエリアです。ここには世界一高い木が集まっていて、ユネスコの世界遺産にも登録されています。今回は園内でも115メートルほどのとくに高い木が集まっている、トールツリー・グローブというエリアのみを紹介します。


ビル30階の高さの木々
DSCN6283 copy
スギ科のセコイアです。写真からでは全く想像することができませんが、高さ100メートル以上ということは、高層ビル25階から30階に相当しますね。


木の高さ
DSCN6278 copy
木の根元付近のベンチが見えますか?アメリカ人が2、3人は座れるサイズのベンチですが、木の大きさの前では小さく見えますね。一本の木を全てカメラに納めることができません。


木の太さ
DSCN6272 copy
イメージが少しでも湧くように木のそばに、いわゆるガラパゴス携帯を置いてみました。むしろ木の方が、独自の進化を遂げたように感じますね。


倒れた木のトンネル
DSCN6286 copy
園内にはたくさんの太い木が倒れていました。道を塞いでいる場合は、トンネルを作ってありましたが、相当背が高い方以外は充分そのまま歩いて通れるサイズの穴でした。


アクセス方法
クレセント・シティから車でアクセスできます。ただしクレセント・シティは小さい街です。


ベストシーズンや気候
冬でも緑豊かなので、年中楽しめます。


治安について
治安は問題ないでしょう。ただし園内は人気が少なく、暗くなると明かりもほとんどありません。暗くなる前に戻れるように計画を立てましょう。


周辺の観光スポット
クレーター・レイク国立公園まで車で3時間半
ポートランドまで車で6時間
サンフランシスコまで車で6時間半


レッドウッド国立公園の周辺には観光地や大きな都市がなく、アクセスにかなり不便な場所です。しかし世界一の高さの木々を一度は見てみたいですよね。園内には森の中を通るトレイルやドライブコース、クジラが眺められるきれいなビーチなどの見どころがたくさんありますので、また紹介していきたいと思っています。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント