ガイドなしで自由に観光できる巨大なカールズバッド洞窟群国立公園

世界遺産にも登録されているカールズバッド洞窟群国立公園はニューメキシコ州にあり、世界でも有数の大きさを持つ洞窟です。徒歩で往復約3時間もある洞窟にも関わらず、ガイドなしでも歩き廻ることができます。


巨大な石柱やつらら石
DSCN5621 copy
内部には数え切れない数の石柱や石のつららが見られます。エレベーターを使わない場合、往復3時間も洞窟内を歩きます。


尖ったつらら石
DSCN5615 copy
内部は暗いため写真がうまく撮れませんでしたが、 尖っていて今にも降ってきそうですね。


ビッグルーム
DSCN5634 copy
洞窟が長いだけでなく、内部は想像以上に広いです。写真に写っている金属の手すりがある歩道沿いを歩いています。ビッグルームと呼ばれるカールズバッド最大の空間が、一番の見どころです。


洞窟内のギフトショップ
DSCN5638 copy
洞窟の途中には、お土産が買えるギフトショップがありました。途中のトイレは、ここにしかありません。水分もここで補給しましょう。


ナチュラル・エントランス
DSCN5603 copy
こちらがナチュラル・エントランスと呼ばれる洞窟の入り口です。まず1時間ほど降りると、先程のギフトショップやエレベーターある付近に着きます。そこから約1時間でビッグルームを一周できるコースがありました。エレベーターが使用禁止になっていた場合、さらに1時間登って戻らないといけないので、注意しましょう。


巨大な内部
DSCN5647 copy
ビジターセンターには、洞窟の内部の断面図や模型があります。上の建物がミュージアムもあるビジターセンターで、そこからエレベーターがまっすぐ下へ伸びています。この絵からもかなり大きな洞窟だと分かりますね。


コウモリの飛行
DSCN5649 copy
無数のコウモリが飛び立つところも、園内では見ることができます。ただしうっかり勘違いしやすいですが、カールズバッドの「バッド」は、コウモリの「バット」とは違います。


周辺の雰囲気
DSCN5650 copy
周辺には何もないです。よく最初の人は、この洞窟を発見しましたね。


アクセス方法
近くの小さい街カールズバッドや、エルパソから車でアクセスできます。


ベストシーズンや気候
内部は外部よりも、比較的安定した気温や湿度です。


治安について
園内は安心です。洞窟内も電灯や手すりがあるため、アメリカのほかの国立公園よりも安全面がしっかりしていました。


周辺の観光スポット
グアダルーペ山脈まで車で1時間
ロズウェルまで車で2時間
エルパソまで車で3時間
ホワイトサンズ国定記念物まで車で3時間半
サンタフェまで車で5時間


アメリカにはマンモスケーブ国立公園やウインドケーブ国立公園などもありますが、自由に廻れることと内部の大きさから、カールズバッド洞窟群国立公園はとくにおすすめする洞窟です。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント