世界三大瀑布の一つ ナイアガラの滝

ナイアガラの滝は、アメリカのニューヨーク州とカナダのオンタリオ州の国境にあります。アルゼンチンとブラジルの国境にあるイグアスの滝、ジンバブエとザンビアの国境にあるヴィクトリアの滝とともに、世界的に最も有名な3つの滝の一つです。滝の高さはあまりないものの、幅が広くて流量が多いことが特徴です。


ナイアガラの滝について
ナイアガラの滝には3つの滝があります。落差53メートル、幅670メートルのカナダ滝(ホースシュー滝)、落差21メートルから34メートル、幅260メートルのアメリカ滝 、そしてほか2つよりも小さい落差55メートル、幅15メートルのブライダルベール滝です。いずれも高さはありませんが、幅と水量があるため、世界で3番目の滝とされています。


アメリカ側から見るナイアガラの滝
110820_180559 copy
左側がアメリカ滝、右奥にあるのがカナダ滝です。そしてアメリカ滝の右側のほとんど隠れている小さい滝が、ブライダルベール滝です。滝はアメリカ側からカナダ側へと流れているため、カナダ側からの方が圧倒的に見やすいです。


アメリカ滝
130811_142016 copy
こちらはアメリカ滝です。高さはありませんが、横に長いです。


ブライダルベール滝
110820_173235 copy
アメリカ滝の右側の小さい滝がブライダルベール滝です。風の洞窟(Cave of the Winds)というアトラクションで、写真のように黄色のカッパを着て近くまで行けます。風の洞窟は、アメリカ側からのみ楽しめます


風の洞窟
130811_165109 copy
風の洞窟では、このように滝を真下から眺めることができます。


カナダ滝
130811_142237 copy
こちらはカナダ滝です。カーブしている滝のほぼ中央まで船で行けるのですが、ものすごい水しぶきのため何も見えません。そのため少し遠いですが、これ以上近づいたときの写真は撮れていません。


霧の乙女号
110820_175357 copy
霧の乙女号(Maid of the Mist)と呼ばれる船でアメリカ滝を正面から見たり、カナダ滝の中心まで行けます。アメリカ側、カナダ側のいずれからも船は出ていますが、とくに正面から見ることができないアメリカ側からは逃せないアトラクションです。乗客には青いポンチョが配られます。


ライトアップ
110820_211041 copy
夜は赤、青、紫、黄色などの様々な色にライトアップされます。色は時間ごとに変わります。日によっては花火も上がりますよ。


アクセス方法
ナイアガラ・フォールズ国際空港からバスでアクセスできます。また園内にもバスが走っているため、ポイントまで気軽に移動できます。


ベストシーズンや気候
冬場は霧の乙女号や風の洞窟などのアトラクションがないため、見られるポイントが限定されます。春から秋までに、観光することをおすすめします。


治安について
園内は安心です。


周辺の観光スポット
カナダ側までレインボーブリッジを渡って、徒歩や車で行けます。


ナイアガラの滝には夏と冬に行きましたが、アトラクションがある夏場の方がおすすめです。またアメリカ側からはかなり見にくいということもあり、橋を渡ってカナダ側まで行ってみるとよいでしょう。カナダ側の方が観光地化されていて、観光客も10倍ぐらい多いです。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント