フィラデルフィア美術館の前にあるロッキー像

ロッキーは有名なテーマソングでも知られる、無敵のボクサーのアメリカ映画です。そのロッキーの像が、ペンシルベニア州にあるフィラデルフィア美術館の前にあります。


ロッキーとは
DSCN1680 copy
第49回アカデミー賞を受賞した、シルヴェスター・スタローンが主演と脚本によるボクサーの映画です。ロッキーがフィラデルフィアで暮らしていたため、ここに像が建てられたようです。写真を撮るために観光者が並ぶような、人気スポットです。


ロッキーの足跡
08-08-21_03-31 copy
像の近くにはロッキーの足形もあります。やっぱり結構大きいです。


フィラデルフィア美術館の外観
DSCN1679 copy
フィラデルフィア美術館はアメリカ五大美術館に入っている、アメリカのフィラデルフィアにある巨大な美術館です。ゴッホ の「ひまわり」など、貴重な作品が多数収蔵されています。アメリカで初めて行った美術館だったので、広さに驚いたのを覚えています。


フィラデルフィア美術館の周辺
DSCN1686 copy
美術館の入り口付近には、子供達が遊んでいました。また初めてのアメリカで、内部で写真を撮っていいのかよくわからなかったため、館内の写真はありません。


美術館からの風景
DSCN1683 copy
美術館からはまっすぐ市街地方面へ大通りが走っていて、フィラデルフィアの街並みを眺めることができました。近くにはロダン美術館もあり、考える人の像など様々な像があります。


アクセス方法
バスなどの公共交通機関を使ってアクセスできます。


ベストシーズンや気候
年中楽しめますが、冬場は少し寒いです。そのため春から秋までがベストです。


治安について
美術館内は比較的安全ですが、美術館の北側など、周辺には危険な地域もあります。街の雰囲気が悪いエリアには入らず、すぐに引き返しましょう。


周辺の観光スポット
ロダン美術館まで徒歩15分
ラブパークまでバスで15分
独立記念館までバスで30分
フィラデルフィア動物園までバスで20分
アドベンチャー水族館まで車で20分


ロッキー像は写真のために数人並ぶ、フィラデルフィアの有名な観光地になっています。フィラデルフィア美術館以外にも、周辺には美術館が複数あるため、まとめて観光することもできますよ。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント