標高2000メートルにある遺跡群 チャコ文化国立歴史公園

世界遺産に登録されているチャコ文化国立歴史公園は、約1000年前に作られた自然環境が厳しい渓谷にあるアメリカ先住民の遺跡群です。ニューメキシコ州内の標高が二千メートルあるチャコキャニオンにあり、このエリアでは全部で二千ヶ所以上の遺跡が発見されています。


遺跡の内部
DSCN5810 copy
チャコ文化国立歴史公園では、なんと遺跡の内部まで自由に入ることができます。写真のように部屋から部屋へくぐっていけます。


たくさんの遺跡
DSCN5821 copy
園内には大小たくさんの遺跡が残っています。乾燥した砂漠のような気候で、年間200ミリ程度しか雨が降らないらしいです。観光したのは12月で、雪が降っていました。チャコキャニオンでは逆に珍しい、あいにくの天気と言ったところです。


プエブロ・ボニート
DSCN5797 copy
ここにはたくさんの遺跡がありますが、とくにプエブロ・ボニートと呼ばれる遺跡が大きいです。


遺跡の内部
DSCN5807 copy
プエブロ・ボニート中へ自由に入ることができます。迷路のように部屋がたくさんありました。ちょうど観光者がこちらの部屋に入ってきたところですね。


地下礼拝堂
DSCN5820 copy
またキヴァと呼ばれる地下礼拝堂があることが特徴です。


周辺の厳しい自然環境
DSCN5815 copy
この地域の気温は氷点下39度から摂氏39度まで、変化が激しいようです。よく先住民はここで暮らしていましたね。


特徴的な岩山
DSCN5786 copy
公園入り口付近にあるビジターセンターのそばには、特徴的な岩山がありました。


先住民が残した絵
DSCN5788 copy
アメリカの遺跡巡りでは恒例となった、インディアンの落書きがここにもやはりありました。


チャコ文化国立歴史公園までの途中
DSCN5782 copy
チャコ文化国立歴史公園まで行く道は、途中何キロも舗装されていない道路を走ります。道路に柵がないため牛が突然出てくるため、運転には充分に注意です。


アクセス方法
車で行きます。ガソリンスタンドが数十kmないため、注意してください。高速道路から公園に入る道のところで、ガソリンを入れておきましょう。


ベストシーズンや気候
年中楽しめますが、気温の変動が大きいので注意してください。


治安について
園内はとくに問題ないでしょう。周辺の街は治安が良いとは限りませんので、事前に確認しておきましょう。


周辺の観光スポット
アルバカーキまで車で3時間
フォーコーナーズまで車で3時間
サンタフェまで車で3時間半
メサ・ヴェルデ国立公園まで車で3時間半
化石の森国立公園まで車で4時間
キャニオン・デ・シェイ国定公園まで車で4時間


チャコ文化国立歴史公園は最寄りの街からのアクセスが悪い上に、近くの有名な観光地まで数時間もあるので、ほとんど忘れ去られているスポットです。ニューメキシコ州を観光する日本からのツアーにも入っていないようです。世界遺産に登録されている国立公園なので、記憶の片隅にでも置いてくださいね。


訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント